男性

個別指導塾を選ぶときのポイント|重要な受験対策

質問をしやすい学習環境

生徒

中学生は部活や遊びなど楽しいことや興味のあることに熱中する時期です。この時期は今後の人格を形成する上で大事な経験をたくさん積む時期でもあります。楽しいことがたくさんありますが、中学2年生の中期になってくると高校受験を意識する人が段々と増えてきます。中には学校の勉強だけで成績を保てる中学生もいますが、多くの中学生は塾や家庭教師などのサービスを利用するケースが多いです。塾にするか家庭教師にするかで迷う人も多くいます。確実に成績をアップさせたいと考えている場合は、家庭教師を利用すると良いでしょう。なぜなら家庭教師は、勉強面以外でも様々なことが相談できる点や1対1なのですぐに質問ができるからです。このような利点から多く人に高い信頼と人気を誇っています。講師にも高いコミュニケーション能力と指導力を持っている人が多い特徴があります。
家庭教師を利用する最大のメリットはいくらでも質問ができる、という点です。複数人の中学生を相手にする学習する塾は、1人1人に対して割ける時間が決まっているので、成績が良い子を基準に授業が進んでいくことがあります。先生の数も決まっているので、全員の質問に答えるのは難しいでしょう。家庭教師であればマンツーマンで指導をするので、好きなだけ講師に質問をすることが可能です。塾では手を上げにくい内気な子でも気軽に質問をすることができます。内気な子はどうしても周りの子を気にしてしまうので、自分の子供が内気だと感じる親は家庭教師を検討してみましょう。