男性

個別指導塾を選ぶときのポイント|重要な受験対策

短期で充実した学生生活

ステーショナリー

高校を卒業した後の進路は様々です。4年間大学に通ってみっちり勉強をする人もいれば、専門学校にいって2年という期間で実践的な技術や知識を身に付ける人もいます。このようにどの学校に進学しても様々なメリットがあるのです。その選択肢の1つとして短大があります。短大は大学と専門学校の利点を兼ね備えた教育機関です。大学で勉強するような研究や理論を学びつつ、実践的な専門分野の授業を受けることもできます。通う年数も2年という期間なので学費を安く抑えることも可能です。短大を受験するときは指定校推薦やAO入試などが利用しやすい傾向があります。進学する人の約8割近くが、推薦やAO入試を活用しているのです。
進学を考えている短大の情報収集するときはオープンキャンパスに参加したり、資料請求をしたりすると良いでしょう。オープンキャンパスに参加することで、ホームページだけでは分からない学校の情報や雰囲気を知ることができ、資料請求をすることで詳細な学費情報や学費免除などの有益な情報を得ることができます。最近では短大を都道府県ごとにまとめたサイトがあるのでそちらで検索を行ない、自分の地域にある短大を調べることが可能になりました。また、そのようなサイトでは実際に通っている生徒の声や、卒業して働いている人の現状を掲載したコンテンツも数多くあります。専門学校に入ってからの自分のビジョンが見えない人は、このようなコンテンツを閲覧することによって自分の勉強している姿、働いている姿を想像することができるでしょう。